違うようで共通点がある漫画家とSE~スキルの活かし方とは~

異業種からの転職で続く技術者の苦労

漫画家の仕事は、クリエイティブで魅力的な仕事です。しかし漫画家同士の競争は激しく、生き残りは厳しいです。そのため、漫画家としてデビューを果たしたものの、生き残ることができる人は限られています。人気の競争を繰り広げていて疲れ果て、転職する漫画家は多いです。理系に詳しい漫画家であれば、システムエンジニアとして再出発する道があります。しかしながら、システム開発の仕事に無事に就くことができたとしても、その地位は安泰というわけではありません。エンジニアとして開発現場で戦力とならなければ、その仕事を続けるのは難しいでしょう。

漫画家から転身したとしても、やはり周囲との競争という苦労は続きます。システムエンジニアが競争に勝つには、新しい情報技術を貪欲に取り入れる必要があります。特に通信技術の分野は、これまでに急速に発展を遂げてきた業界です。それだけに、旧来の知識や技術が陳腐化してしまうのも早いです。漫画家からシステムエンジニアに転職した以上は、今度は情報技術の新たな修得に日々の心掛けが必要です。

しかし、これらの競争の苦労も、実力を伸ばす点では有効に働きます。ライバルに負けまいと技能を高めるに従い、いつの間にか技術者として成長しています。漫画制作やシステム開発など、仕事の分野は変わったとしても、競争の苦労は変わりません。それだけに、どの仕事に適性があって一番向いているかを考えるのが、なにより大切です。

Comments are closed.