違うようで共通点がある漫画家とSE~スキルの活かし方とは~

漫画家からシステムエンジニアへの転職

漫画家からシステムエンジニアに転職するというのは、心機一転と言うイメージをする方が大半でしょう。しかし、この二つの職種には意外な共通点があります。まず、漫画家の目標は、全く白紙の状態から自分の思うような世界を創造し、それを書き表すことで多くの人の心を動かすような世界を作ることです。人気の漫画家になるためには、矛盾しないようなストーリーを展開し続け、利益を生み出し続けるという才能が必要になります。

また、締め切り日と言うのがあるため、期限内に一定範囲の漫画を描き上げなければなりません。そのため、常に時間に追われながらの生活をすることになります。次に、システムエンジニアと言うのは、現状の世界に何が求められているのかを考え、想像し、それをプログラミング言語を使ってIT機器に表すことが仕事です。寸分の狂いのないシステムを組み上げなければならないので、正確性が非常に重要な要素となってきます。

また、納期の期限内にシステムを完成させなければ、取引先に多大な迷惑をかけることとなるため、時間は常に意識しておかなければなりません。以上のように、漫画家とシステムエンジニアには、想像力と正確性などの点において共通しています。そのため、漫画家と言う職業にある程度手ごたえをつかんでいるという方は、エンジニアに転職してからも高い技術力を発揮していく可能性は高いです。プログラミング言語さえ苦手意識がなければ、すぐにでも検討するといいでしょう。
システムエンジニアへの転職に興味がある方にぜひ一読していただきたいサイトを発見したので共有します→《漫画家からのシステムエンジニア転職

Comments are closed.